「takenaka coffee」はコーヒー豆の専門店。自家焙煎のおいしいコーヒー豆をお届けします。
takenaka coffee

コロンビア

アンデスコンドル 100g/750円

コロンビア アンデスコンドル

酸味 ★★☆☆☆

苦み ★☆☆☆☆

甘み ★★★☆☆

香り ★★★★☆

こく ★★☆☆☆

     

焙煎度合い  シティーロースト

         

   

詳細説明

生産地  シェラネバダ セサール県

農園主  ラファエル氏

標高   2000m
精選方法 ウォッシュド 100%天日乾燥

品種   ティピカ100%

 

 

最高品質のコロンビアマイルドを求め続けて、コロンビア最北端のシエラネバダ・セサール県で昔ながらの製法でティピカ種を守る生産者に出会うことができました。

 

この地域では、先住民によって昔からコーヒーが栽培されており、コーヒーは自然からの贈り物で、とても自然な方法でコーヒーを生産しなければならないという信念のもと、伝統品種であるティピカ種が有機栽培で守られてきました。

 

 先住民のリーダーのラファエル氏は標高2000mの位置に農園を所有し、その特殊な気候条件とラファエル氏の製法がすばらしい品質を生み出し、その風味は、酸味、苦み、甘みのバランスがとてもよくて、コーヒーの苦手な方やはじめての方でもとても飲みやすいコーヒーに仕上げています。

 

自然な方法で栽培された自然からの贈り物をぜひお試しください。

コロンビアのコーヒー事情

国名 コロンビア共和国  
面積 約113.9万k㎡  
首都 ボゴダ  
主要言語 スペイン語  

生産地 マグダレナ・サンタンデール・メデリン・トリマ・ウィラ・ボバヤン・ナリーニョ

収穫期 4月~6月、10月~1月の年2回

特徴  コロンビアはブラジル、ベトナムに次いで世界で3番目にコーヒー生産量の多い国で、世界全体の約1割を生産している。コロンビア・コーヒーはすべてウォッシュト(水洗式)である。麻袋に詰められたコーヒー生豆は輸出前にFNC(コロンビア国立生産組合)の品質検査を受け、輸出登録書の発行を受ける仕組みになっている。香味は全体的に甘い香りとしっかりとした酸味とコク、重厚な風味がある。

コーヒー豆及び価格について

*入荷状況により売り切れ、終売になることがあります。また、価格についても変更することがありますのでお気軽にお問い合わせください。