「takenaka coffee」はコーヒー豆の専門店。自家焙煎のおいしいコーヒー豆をお届けします。
takenaka coffee

コピ・ルアク ~ジャコウネコの贈り物~

コピ・ルアク 1杯5000円 120g/10800円
コピ・ルアク 1杯/5000円 120g/10800円

コーヒーマニアの方ならご存知と思いますが、世界で最も希少で高価なコーヒー豆『コピ・ルアク』が幻のコーヒーと言われている理由のひとつは、生産量が極めて少ないためです。

 

コピ・ルアクの原産地はインドネシアです。コピとはコーヒーという意味で、ルアクとはジャコウネコという意味です。日本では「イタチコーヒー」と言っている人や「ウ●チコーヒー」という人もいます。

 

『コピ・ルアク』というコーヒー豆は、ジャコウネコがコーヒーの実を食べて、実は消化されるが、中の種(コーヒー豆)は消化されずにフンと一緒に出てきます。それを消毒してきれいにしたコーヒー豆が『コピ・ルアク』です。

 

フンから採取されるコーヒー豆は極わずかなため、世界で最も希少で高価なコーヒー豆で幻のコーヒーと言われています。

 

 

l  幻のコーヒーと言われる『コピ・ルアク』のもう一つのストーリー

 

『コピ・ルアク』が幻のコーヒーと言われているもう一つお話があります。

 

オランダの植民地であったインドネシアには元々コーヒーがなく、オランダ人がコーヒー豆を持ち込んでから輸出用のコーヒー栽培が始まりました。

 

植民地時代、地元の農民たちはオランダ人が経営する農園で奴隷として働かされていて、自分たちで採取してコーヒーを飲むことを禁止されていました。

 

そんな厳しい状況の中、手の届かないコーヒーというものをなんとか飲みたいという思いから、仕方なく森でジャコウネコのフンに残っていた未消化の豆を拾い集めて、きれいに洗って飲んでみたのです。

 

しかしこのコーヒーは、苦みがなくとても良い香りあると評判になると、コピ・ルアクはたちまち貴重なものとなったのです。

 

もしあの悲しい植民地時代がなかったならば、『コピ・ルアク』は誕生しなかったでしょうし、

 

ずっと幻で終わっていたかもしれませんね。

 

その幻のコーヒー、『コピ・ルアク』を本当に極わずかだけ入荷することができました。10月1日の「コーヒーの日」に合わせて販売する予定です。

 

生きているうちに一度は飲んでみたいと思う幻のコーヒー『コピ・ルアク』今回が最初で最後となるかもしれません。

 

コーヒーマニアの方は、ぜひどうぞ。

 

1杯/5000円

120g/10800円 (税込み)

 

ご購入に当たってのご注意

※この商品は、受注焙煎です。ご注文後に焙煎してからのお渡しです。

※この商品は、豆のままでの販売です。

 

 

生産地:インドネシア 北スマトラ州ダイリ県 シディカラン 

生産者 ワハナ農園のジャコウネコ

品種 アラビカ種

精選方法 ジャコウネコ・プロセス(ジャコウネコのフンから採取したパーチメントを洗って乾燥させます。