「takenaka coffee」はコーヒー豆の専門店。自家焙煎のおいしいコーヒー豆をお届けします。
takenaka coffee

コスタリカ

ガンボア農園  200g/1700円(税別) 9/14~

コスタリカ セロアルト ラ・ロサ

酸味 ★★★☆☆

苦み ★☆☆☆☆

甘み ★★★★★

香り ★★★★★

こく ★★☆☆☆

 

 焙煎度合い  シティーロースト

 

 

◆コスタリカのコーヒーについて

----------------------------------------------------------------------

コスタリカでは自然との調和を大切にした環境にやさしい方法でコーヒーが生産されています。品質はもちろんですが、その環境への優しさも世界的に高く評価され、高値で取引されています。

 

コスタリカにはブルンカ、中央盆地、グアナカステ、オロシ、タラス、トレス・リオス、西盆地、トゥリアルバの8つの生産地域があります。

高地だけで栽培されるタラスのコーヒーには「酸味が強く上品で、コクがあり特に良い香りがある」という特徴があり、国際的に最も好まれる風味を持っているといわれます。

 

アジアでも人気の高いコーヒーの一つとなっており、韓国では「ブルーマウンテン」と同じように扱われ、高級品としての位置づけになっているという話もあります。

 

◆タラス地区のコーヒーについて

----------------------------------------------------------------------

スペイン語で「富める海岸」を意味するコスタリカは、東西を太平洋とカリブ海に囲まれ、国土の中央に山脈が連なる風光明媚な国です。

 

また近年では、豊かな自然を体感するエコツーリズムや、再生エネルギーへの取り組みなどで注目される環境立国でもあります。

 

ここは太平洋側に広がる山脈の中で、鳥類や森林の聖地とも言われる美しい自然に囲まれた地域であり、狭い渓谷や山の斜面でコーヒーの栽培が行われています。

 

また、高地だけで栽培されるタラスのコーヒーは「酸味が強く上品で、コクがあり特に良い香りがある」と言われ、世界中でも高く評価されています。

 

香り

・フレグランス(豆の香り)

  柑橘系・ぶどうの皮のような香り

・アロマ(コーヒーの香り)

  栗やナッツのような甘みのある香り

 

風味

 ・マイルドな酸味があり

 ・冷めても美味しく、舌の上に甘味が絡み付く感じ

 

◎こんな方にオススメ

 飲みやすさと甘味を重視したい方。

 秋を感じたい方

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

詳細説明

生産地    タラス地区  ガンボア農園

グレード    SHB

標高     1700~1900m

品種     カトゥーラ

精製方法   水洗式

SCAA評価  83点    Q認証を取得

コスタリカのコーヒー事情

国名 コスタリカ共和国  
面積 約5.1万k㎡  
首都 サン・ホセ  
主要言語 スペイン語  

生産地  タラス、セントラルバレー、トレス、リオス、ウエストバレー
収穫時期 8月~3月
特徴   コスタリカはコーヒー生産国の中でも最も環境保護対策が進んだ国で、果肉除去時の排水を川に流さないように浄化池を設けている。また、精製方法も環境への配慮から水の使用を抑えたセミウオッシュトが大部分である。標高の高い産地は酸が強くコクがある。全体的には、マイルドで酸とコクのバランスが良い。

コーヒー豆及び価格について

*入荷状況により売り切れ、終売になることがあります。また、価格についても変更することがありますのでお気軽にお問い合わせください。