「takenaka coffee」はコーヒー豆の専門店。自家焙煎のおいしいコーヒー豆をお届けします。
takenaka coffee
2021/11/24
今更ですが、意外と知らないカフェオレとカフェラテの違い。 あなたは、知っていますか? どちらもコーヒーにミルクを入れたものなので、日本語ではコーヒー牛乳ということになります。...
2021/10/25
ハワイのコーヒー栽培はオアフ島やマウイ島、カウアイ島などでも行われていますが、ハワイ島のコナ地区が最も有名です。 コナ地区は火山灰による肥沃な土壌が広がります。標高は250~800メートルと他の生産地と比べ、高い方ではありません。...
2021/09/23
コーヒー豆は飲む直前に挽きましょう。 コーヒー豆はいったん粉の状態に挽いてしまうと空気に触れる面積が大きくなり、豆のままの状態よりも約3倍のスピードの速さで酸化していきます。 粉の状態で購入された場合は、1週間から10日以内に飲み切らないと酸化してしまいます。 酸化してしまうと「酸っぱい」という感じのコーヒーになってしまいます。...
2021/08/25
抽出は最初が肝心 コーヒーの抽出において一番大切なのは、蒸らしの段階とから抽出量の最初の1/3までの間です。 蒸らしがうまくできなかったり、蒸らし時間が短いとコーヒー成分を十分に引き出すことできません。 また、抽出量の最初の1/3の間でコーヒーのエキスをうまく引き出さないと美味しいコーヒーになりません。...
2021/07/26
コーヒーベルトって、コーヒーで作ったベルトではありませんよ(笑) コーヒーベルトというのは、赤道を挟んだ南北25℃のエリアのことで、コーヒー栽培に適したエリアです。 南半球と北半球とでは、収穫時期が異なるので、入荷時期も違ってきます。 南半球では、4月から9月ごろが収穫時期で日本に入港するのが12月から翌年の1月ごろです。...
2021/06/24
焙煎したコーヒー豆は時間経過によって、風味が劣化していきます。 美味しいコーヒーを飲むためには、保存方法にも気をつけましょう。 今月はコーヒー豆の保存方法の基本について書いていきます。 コーヒー豆は、焙煎した瞬間から酸化がはじまり温度・湿度・光による劣化などが、コーヒー豆の風味に影響を与えます。...
2021/05/23
水出しコーヒーとは、その名の通り「水で抽出したコーヒー」のことを言います。 熱による化学変化がおきないため、酸味が少なく、まろやかな味わいを楽しむことができます。 水出しコーヒーの発祥はインドネシアで、戦前のインドネシアはオランダの植民地だったことから水出しコーヒーのことを「ダッチコーヒー」と読んでいます。...
2021/04/25
急冷式という方法は、コーヒーを濃いめに抽出して、冷たい氷で一気に冷やして作る方法です。 抽出方法は通常のハンドドリップのやり方と同じです。ただ、抽出量を通常の半分量にします。 1.深煎りのコーヒー豆またはアイスコーヒー用の豆を20g中挽きにします。 2.フィルターにペーパーをセットして、ホットコーヒーを淹れる要領でドリップしていきます。...
2021/03/25
ペーパーフィルター用のドリッパーには陶器製とプラスチック製がありますが、どちらがいいと聞かれるとプラスチック製をおすすめしています。 陶器製のものは、使う前にお湯で温めれば、安定したお湯の温度を保つことができます。...
2021/02/24
ペーパーもたくさんあって迷うところがありますが、まずはフィルター(ドリッパーともいう。)の形・大きさにあったペーパーを購入してください。 円すい形のペーパーを折って無理やり台形に変えたり、台形のペーパーを円すい形に変えるようなことはしないで下さいね。 1.どのペーパーを使えばいい? ペーパーも様々なメーカーから出ています。...

さらに表示する