「takenaka coffee」はコーヒー豆の専門店。自家焙煎のおいしいコーヒー豆をお届けします。
takenaka coffee

水出しコーヒー

まろやか水出しコーヒー 6P入り 1680円

 あれっ? 苦くない!!

はじめて水出しコーヒーを飲んだ時のひとことです。

"コーヒー=苦い"という概念を覆ししてしまうほどのまろやかさ。苦いコーヒーが苦手 という方にはおすすめです。また、お湯で抽出したものと比べて酸化しにくく、お出かけの時にペットボトルやマイボトルに入れて持ち歩いてもおいしさが長く 続きます。

 

 何故、こんなにまろやかなのか?それは水でゆっくりと時間をかけて抽出するので苦み成分であるタンニンやカフェインが溶けにくくなるので、味がまろやかになります。

 お徳用6袋入り1680円

1.今までにないまろやかさ

水で抽出するのでコーヒーの苦み成分であるタンニンやカフェインが溶けにくく、味がまろやかになります。

2.作り方が簡単

水を入れて、8~10時間そのまま置いておくだけ。前の晩に作ると翌朝にはできています。

3.電気代・ガス代が0円

お湯を使わないので電気代・ガス代がなんと0円

 

水出しコーヒーの作り方


  1. 水出しパック1袋に対して常温の水600mlを入れます。写真は2袋で1200mlの水を入れています。冷水だとうすくなってしまいます。
  2. 8時間から10時間置いておく。夏場は冷蔵庫に入れて置く。
  3. 時間が来たら袋を取り出して出来上がり。出来上がり量は約1000mlです。

さらに美味しくするポイント

  • 浄水器を通したカルキ臭の少ない水をご使用ください。
  • ミネラルウォーターをご使用の際は軟水タイプの水がおすすめです。
  • 必ず冷蔵庫に保存し、2,3日以内にお召し上がりください。
  • 温めてお召し上がる際は、沸騰させないようにご注意ください

ペーパーで濾す水出しコーヒーの作り方

  1. コーヒー粉(深煎り40g)に常温の水600mlを用意します。
  2. グラスポットにコーヒーの粉を入れて、水を入れます。
  3. コーヒー粉が水になじむように軽くかき混ぜます。(まぜすぎると苦みが出ます。)
  4. 8~10時間置いておいて、時間がきたらペーパーフィルターの濾します。
  5. すっきりとしたまろやか水出しコーヒーが出来上がります。

ハリオ 水出し珈琲ポット 8杯用  1620円

ハリオ 水出し珈琲ポット 8杯用

 

水出し珈琲とは・・・水で低温抽出した珈琲です。熱による酸化を防ぎ、珈琲豆本来の味を引き出すことができます。抽出後は時間をおいても味の変化が少なくおいしくいただけますので、ペットボトルやマイボトルに入れて外出先でも、深いコクと風味、まろやかな口当たりをお楽しむことができます。
珈琲豆が80g使用で8杯分、約1ℓの水出し珈琲ができます。

 

水出し珈琲の作り方

  1. ストレナーに深煎りの珈琲を80g入れます。
  2. ポットにストレナーをセットします。
  3. 粉全体が湿るように少量ずつ水を注ぎドリツプします。水はバンドの高さの半分までを目安に入れてください。約1150ml(8杯分)
  4. フタをして冷蔵庫に入れます。抽出時間は約8時間が目安です。うすく感じた場合は抽出時間を長くするか、常温で抽出して調整してください。
  5. ポットからストレナーを外せば出来上がりです。フタをして冷蔵庫で保存してください。

   * ポットの 底に微粉が沈殿したり、コーヒーの油脂分が浮いたりします。