「takenaka coffee」はコーヒー豆の専門店。自家焙煎のおいしいコーヒー豆をお届けします。
takenaka coffee

通販限定 お試しセット

お家で飲むコーヒーが『すっぱい』『しぶい』『苦すぎる』と感じているあなたへ

 

「コーヒーはプロが淹れるからおいしんでしょ!?」は大いなる誤解!!

 

 

本当の理由は何だと思います?

 

 

こんにちは!珈琲豆専門店タケナカコーヒーの竹中です。

 

多くの人がコーヒーはプロが淹れるから美味しい、素人ではプロのような美味しいコーヒーの味を出すことはできないと思い込んでいます。

 

実は、、、そうではないのです。

 

素人でもプロ顔負けの美味しいコーヒーを淹れることができます。コーヒーの美味しさは淹れ方よりもコーヒー豆そのものに理由があります。

 

プロが淹れるコーヒーが美味しいほんとうの理由は、 煎りたての新鮮なコーヒー豆を使っているからです。

  

コーヒー豆も生鮮食品と同じで鮮度が重要です。

コーヒー豆は焙煎すると日々、酸化していきます。

 

冷凍しておけば、半年や1年くらいは大丈夫と思っている方もいるかもしれませんが、腐ることはないですが酸化はどんどん進んでいきます。

 

「すっぱい」「しぶい」「苦すぎる」といったコーヒーは酸化した古いコーヒー豆の味なのです。

 

新鮮なコーヒー豆を使えば、プロが淹れたような美味しいコーヒーがお家で毎日楽しむことができます。

 

 

あなたのコーヒーはお湯を注ぐとふっくらと膨らみますか?

コーヒーが膨らむのは「新鮮」である証拠

 

美味しいコーヒーの条件で一番大切なのが「鮮度」です。お湯を注ぐとふっくらとお饅頭のように膨らむのは新鮮なコーヒー豆の証拠です。

 

膨らむことによって「蒸らし」ができ、美味しいコーヒーを淹れることができます。

 

もし、お湯を注いでもふっくらと膨らまなかったら、コーヒーの淹れ方ではなく、鮮度に問題があります。

煎りたての新鮮なコーヒー豆はなぜ膨らむのか?

 

焙煎前の生豆(なままめ)に熱を加えると、細胞が分裂、膨張し無数の空洞ができます。空洞の中には化学変化によりできた炭酸ガスが含まれています。

 

コーヒーにお湯を注ぐと、お湯が空洞の中に入り炭酸ガスが押し出される形で、表面が膨れ上がってきます。これがいわゆる「蒸らし」です。

 

焙煎によりできた無数の空洞の中には炭酸ガスのほかにコーヒーの香り成分が多数含まれている。豆を挽くと炭酸ガスとともにコーヒーのいい香りも放出される。

コーヒーを淹れるときに蒸らしをするのはなぜか?

 

コーヒーの淹れ方ではじめにお湯を少し注いで三十秒ほどコーヒーを蒸らしますという話を聞いた方も多いと思います。


では、なぜ蒸らすのか?

 

それは蒸らすことによってコーヒーの成分がよく抽出できるからです。


 蒸らしという作業は言わば、美味しいコーヒーを入れるためのウォーミングアップみたいな感じです。ウォーミングアップをしっかりやっていないと早く走れないのと同じように、蒸らしがしっかりできていないと美味しいコーヒーを入れることができません。

以上のことから、美味しいコーヒー豆の条件で一番大切なのが「新鮮なコーヒー豆」であることがご理解いただけたと思います。

 

2番目に大切なのが「高品質のコーヒー豆」いわゆる「スペシャルティコーヒー豆」を使っているかどうかです。プロがどんなに上手に淹れたコーヒーでも素材の持っている味以上のものを引き出すことはできません。

 

スペシャルティコーヒーとは「すばらしい風味特性を持ったコーヒー」で、さらに生産者、生産地域、品種、精選処理方法が特定でき、生産管理が徹底しているコーヒー豆のことです。

 

高品質のコーヒー豆の見分け方としては一般的には生産国だけでなく、産地・農園・規格・品種など情報が多く表記されていています。

 

3番目に大切なのが「シワのないふっくらとしたコーヒー豆」であることです。

 

 鮮度を売りに5分~10分で焙煎する高速焙煎機で焙煎した豆は、最初は香りがよくておいしいコーヒーでも3,4日後には、雑味や渋みが出てきます。


なぜなら、高温・高速で焙煎するあまり豆の水分が十分に抜けきらずに焙煎が終了するからです。豆の水分が十分に抜け切ったコーヒー豆は表面にシワがなくふっくらしています。かじるとカリッとしていて、渋みやエグミがありません。

 

『新鮮』『高品質』『シワのないふっくら』したコーヒー豆を使えば、ごく普通の一般の方が淹れたコーヒーでもプロが淹れたようなおいしいコーヒーを飲むことが出来ます。

 

焙煎前の生豆(なままめ)には10%~13%の水分が含まれています。豆の水分が十分に抜け切ったコーヒー豆の表面はツルっとしていてシワがありません。かじるとカリッとして渋みやエグミがありません。

お客様の喜びの声

 

  • 苦味や甘味がバランスよくとてもすっきりしていると思います。こういう味のブレのないコーヒーは大好きです。これからもずっとのんでいきたいと思いました。(愛知県 40代男性)

 

  • こんな美味しいコーヒーを毎日飲んでいると カフェで飲むのがバカらしくなって 最近は、もっぱらおウチカフェです! (岐阜県 40代男性)

 

  • 今まで自分はコーヒーはあまり好んで飲む方ではなかったです。あの独特の苦いかんじが苦手でした。でも今回コーヒー豆を買ってみて、それを機に豆を挽いてペーパーフィルターで淹れて飲んでみたら、あの独特の苦味は全然ないし、すーっと通ってく感じがして、感動しました。初めてコーヒーがおいしいと感じました。ピーベリーは仲々御眼にかかる事のない稀少品種だと思いますが久々に堪能しました!(北海道 60代男性)

 

  • 飲みはじめの口当たりが、えぐみや苦みがなくたいへん美味しいと思いました。酸味とフローラルな味わい、スッキリとして好みの味でした。お湯を注ぐと良く膨らみ、香りも最高、焙煎したてで鮮度がよいことが分かります。(愛知県 40代男性)

 

  • 優しい酸味と深煎りならではのコク、うっすらとスパイシーさを感じました。酸味が強調され過ぎないキリマンジャロ、なかなかの美味しさでした。これはアイスコーヒーにも良さそうです。今度作ってみようと思います。(福島県 50代女性)

 

  • 袋を開けた時から香ばしくも甘い香りでテンションが上がりました。淹れてみて、まず花を思わせる香りがしました。目を閉じていると花畑にいるんじゃないかと思うほどでした。(決して過剰表現ではなくて、本当にそう感じました。)若干スパイシーさもあって、個性豊かなコーヒーですね。クセになりそう!(愛知県 40代男性)

 

  • 苦みと酸味のバランスがよく、飲み口は軽めなのに、すごく甘みがあります。香りにも甘さを感じて、例えるならチョコレートのような甘さがあるなと思いました。コクがあるのに、全体的にスッキリとしたクリーンな印象です!途中からチョコレートをつまみながら飲みましたが、それにもとてもよく合いました。(愛知県 50代女性)

送料

配送業者・・・クロネコヤマト

配達日・時間帯指定可

時間帯は①午前中 ②14~16時 ③16~18時 ④18~20時 ⑤19~21時

の間で指定可能です。

北海道/1447円  青森県/864円  岩手県/864円  秋田県/864円

宮城県/756円山形県/756円 福島県/756円

茨城県/648円 栃木県648円 群馬県/648円 埼玉県/648円 千葉県/648円
東京都/648円 神奈川県/648円 新潟県/648円 富山県/648円
石川県/648円 福井県/648円 山梨県/648円 長野県/648円
岐阜県/648円 静岡県/648円 愛知県/648円 三重県/648円
滋賀県/648円 京都府/648円 大阪府/648円 兵庫県/648円
奈良県/648円 和歌山県/648円

鳥取県/756円 島根県/756円 岡山県/756円 広島県/756円 山口県/756円

徳島県/864円 香川県/864円 愛媛県/864円 高知県/864円 福岡県/864円
佐賀県/864円 長崎県/864円 熊本県/864円 大分県/864円
宮崎県/864円 鹿児島県864円 沖縄県・・・1339円

コーヒー豆について

製造日

コーヒー豆は焙煎してから1週間以内のものをお届けします。

 

賞味期限

コーヒー豆は未開封の状態で、焙煎後4か月。開封後は出来るだけお早めにお召し上がりください。

 

コーヒー豆保存方法

豆の状態・・・1か月以内に消費できる場合は、密閉瓶に入れて常温保存。1か月以上かかる場合は、冷凍保存してください。

 

粉の状態・・・1週間以内に消費できる場合は、密閉瓶に入れて常温保存。1週間以上かかる場合は、冷凍保存してください。