「takenaka coffee」はコーヒー豆の専門店。自家焙煎のおいしいコーヒー豆をお届けします。
takenaka coffee

お湯の温度で味が変わる

こんにちは。タケナカコーヒーの竹中です。

 

朝の気温がグッと下がり、ちょっと肌寒いなぁ~と感じるくらいの時期がコーヒーが一番美味しく感じられます。

 

実は、コーヒーが一番美味しく淹れられる最適な温度帯というのがあります。

 

お湯の温度が高いと苦みが強かったり、下を刺すようなとがった感じになります。

 

逆に低すぎると抽出不足で味のうすいコーヒーになります。

 

 

お湯の温度の違いでコーヒーの味がずいぶんと変わります。

基本は85℃~90℃くらいです。沸騰したお湯をドリップポットに移し替えると、85℃~90℃くらいになります。

 

調理用の温度計でキッチリと測れる場合は、焙煎度によってお湯の温度を変えてください。

 

浅煎りの豆:90℃~93℃

中煎り~中深煎り:85℃~90℃

深煎り:80℃~85℃

 

煎りが深くなると炭酸ガスが多く含まれているので、お湯の温度を下げることによって甘みが増し、角の取れた丸みのあるコーヒーの味わいになります。

 

お試しください。