「takenaka coffee」はコーヒー豆の専門店。自家焙煎のおいしいコーヒー豆をお届けします。
takenaka coffee

アイスコーヒーに合うコーヒー豆はなぜ深煎りなのか?

 こんにちは!タケナカコーヒーの竹中です。

 

以前までは紙に印刷して発行していたニュースレター、時代の変化に合わせて、ペーパレス化にしました。

 

これからはHP上で毎月2回"タメ"になるコーヒー情報をお届けします。

 

6月に入り『そろそろアイスコーヒーもいいかも?』と思っている方も多いと思います。今週はアイスコーヒーについて書いていきます。

 

アイスコーヒーに合うコーヒー豆はなぜ深煎りなのか?

 

五味(甘・酸・塩・苦・辛)のなかで涼感を覚えるのは苦みです。

 

暑い夏に上品な苦みを楽しむのにアイスコーヒーはまさにうってつけです。

 

ところでこの五味をもっとも敏感に体感できるのは、飲食物が体温と同じか、体温に近い温度のときです。

 

 

アイスコーヒーは当然、冷たい飲み物ですから、同じ濃度ならば、ホットコーヒーより、かなり苦みがうすく感じられます。

 

なので、冷たくても程よい苦みを出すためにコーヒー豆は深煎りで、しかも濃いめに抽出します。

 

そして、アイスコーヒーによく合う豆は肉厚のコーヒー豆を深煎りにしたものがベストです。

 

ケニア、タンザニア、グァテマラ、コロンビアの深く焙煎したものがアイスコーヒーによく合います